LPO(着地ページ最適化)

投稿日: カテゴリー: WEB, WEBプロモーション
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on LinkedIn
Bookmark this on @nifty clip
Share on FriendFeed
Share on StumbleUpon
Share on GREE
email this
LINEで送る
Pocket

 

検索エンジンの上位表示には2通りのやり方があります。

一つはSEOで純粋に検索で上位表示を行うやり方。

もう一つはリスティング広告と言われる、検索エンジン側へお金を払って表示させてもらうやり方です。

どちらが良いとは言えませんが、内容によってどちらが優位かは変わって来ます。

その辺りをお話させて頂きますね。
530lpo

検索エンジンで普通に上位表示をさせる為には、コンテンツの充実が必要です。

その為には、結構なボリュームで、結構な有益情報を乗せて、そこにリンクが集まる必要があるという風に、敷居が高くなって来ているのがSEOの現状です。

そこで、手っ取り早く効果を出す必要があるときに有用なのがLPO(ランディングページ最適化)です。

目的を持ったユーザーの為に、その目的を達成させる為だけに存在するコンテンツページを創ります。

基本的には1ページだけのページとなりますが、必要な情報はすべて記載する事になりますので、結果としては1ページが長くなります。ユーザーにとって必要な情報だと判断させることがランディングページの最大の目的でもあります。

検索エンジンでユーザーの目的を第一に考えた検索ワードにのっとり、目的にあったページを上位に出すことでユーザーがアクションを起こしやすい環境をつくることができます。ユーザーにアクションを起こして貰わなければランディングページの意味があるとは言えません。

その為に、上から順番にクリックをさせるのではなく、スクロールをしながら読み進めるだけで、理解を深めると共にその気になってしまう、極端に悪く言うと、洗脳してしまうような着地ページ(ランディングページ)が、LPOにとって必要であり、創る側に取って効果が高くなるページとなる訳です。

AXISTOOLは、2006年からこの着地ページについて効果測定などを行い様々な研究を重ねて来ました。ユーザーの知りたい情報を提供する、成果のあがるLPOをトータルでサポートするノウハウがあります。

内容を言った方が良い場合と、ぼんやりとわかれば良い場合、その他にも様々なケースが想定されますが、あくまであなたが何を目的にするかによるのです。

それによって、我々AXISTOOLは最適な方法を提案できる準備ができています。

その最適なLPOを創りたい場合どうすれば良いか?

詳しくは、こちらからお気軽にお問い合せ・ご相談ください。

代表取締役 安久鉃兵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です