WordPress (ワードプレス) プロモーション

投稿日: カテゴリー: SNSプロモーション
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on LinkedIn
Bookmark this on @nifty clip
Share on FriendFeed
Share on StumbleUpon
Share on GREE
email this
LINEで送る
Pocket

世の中で注目を浴びているブログ構築システムWordPress(ワードプレス)

何故ならば「WordCamp San Francisco 2009」というイベントで、Googleの検索エンジンを開発する部門の責任者、Matt Cutts(マット・カッツ)氏はワードプレスがSEOの面で有効であることを認めたことから、今まで以上に注目を浴びることになりました。

とは言え、WordPressをより有用に使うための戦略はきちんと存在しますし、何でもかんでもWordPressならOKだという話でもありません。

その辺のお話を少しご披露いたします。

530wordpress
 

そもそも、WordpressはCMS(コンテンツ マネジメント システム)として発展してきました。

有料版のMovableTypeとは違い、無料のフリーウェアとして簡単にCMSを導入することができるメリットがありました。

考え方としてはGoogoleのフリー戦略に近い形で発展していきます。

無料なので、圧倒的なプラグインの数々がリリースされていきます。使う人が増えるとそれをもっと便利に使いたいという人も増える。

こんな形で世界中で盛り揚がって行きました。

 

Googleも認めているCMSなので、全てをWordpressにすると検索的にもコンテンツ管理でもいい方向に行くのではないか?

 

こんな風に考えるのは当たり前の流れです。

しかし、Wordpressにもできないというか、苦手なものがあります。

単純なサイト構成(TOP→カテゴリ→詳細)のような3階層ですべてを表現できるのであれば良いのですが、中にはそれだけでは表現できないものもたくさんあります。

例えば、日本唐揚協会のオフィシャルサイトは細かい部分でどうしても表現しづらいところがあり、Wordpressを採用しませんでした。

逆に、ユーザーに見やすくするために3階層ですべてを表現するという戦略もアリです。

 

あなたのホームページは、どのようなWEB戦略を進めていきますか?

 

「私たちだったらこうします」

 

あなたの考えを聞かせて頂いて、それに沿った考え方で私たちならどうするか考えます。

その為にあなたがまずやることは何か?

それは下記からお問い合せください^^

代表取締役 安久鉃兵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です