foursquareプロモーション

投稿日: カテゴリー: SNSプロモーション
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on LinkedIn
Bookmark this on @nifty clip
Share on FriendFeed
Share on StumbleUpon
Share on GREE
email this
LINEで送る
Pocket

 

あまり聞きなれないSNSかもしれませんが、foursquareというSNSがあります。

これはジオマーケティングと呼ばれる位置情報を利用したマーケティングと最も相性の良いSNSの一つであると、各社が注目しています。

結局みんなネットで何がしたいかというと、訴求と集客なんですよね。商売をする上で。

最近ではO2O(オーツーオー、Online to Offline)マーケティングということが盛りあがっていますが、このジオマーケティングやO2Oについて、考えた研究結果をお知らせしてみようと思います。

530foursquare

 

最近の傾向として、ネットで完結する商売というのには限界を感じています。

なぜならば、大震災以降オンライン、オフライン問わず【繋がり】を意識し、重要視する意識が強まっていると感じられ、それと共にオフラインの重要性が飛躍的に上がったと感じているからです。

ネットでの商売も同様で、ネットだけの店舗よりも実際に手に取って、店員さんと話して、納得して買いたいとか、それ以上の嬉しさや価値を得たうえでお金を払いたいと考える傾向が強まっています。

そんな中でSNSという仕組みは大いにネット上での【繋がり】を盛り上げてくれていますが、そのさらに上を行く「本当に在る」「本当に居る」という方向に行くのは、火を見るより明らかであります。

SNSという楽しさ、というかゲーミフィケーション(ゲーム感覚)を取り入れて、本当に行ったところがログとして残る。

行動する楽しさを訴求できるのが、ジオマーケティングの真骨頂であると理解していますし、結果O2Oへ繋がっていくことになります。

商売をする上で、ネットを使わないという選択肢は、自ら武器を捨てているのと同義であると考えます。

ネットの商売を虚業であるとバカにする時代はとっくの昔に終わっています。

 

いかにネットでつながり実店舗でさらにつながるか?

 

これを楽しさと共に集客へつなげ、そして売り上げにつなげる。

これこそが、これからの時代に必要な考え方であると考えます。

 

具体的にどうするか?

それは下記からお問い合せください^^

代表取締役 安久鉃兵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です