協会設立運営サービスの提供開始

投稿日: カテゴリー: NEWS, WEBプロモーション
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on LinkedIn
Bookmark this on @nifty clip
Share on FriendFeed
Share on StumbleUpon
Share on GREE
email this
LINEで送る
Pocket

株式会社アクシスツールは、協会ブームの立役者である一般社団法人日本唐揚協会会長として、7年間蓄積してきた新興協会の設立および運営の体系化を行い、協会設立運営ノウハウのサービス提供を2015年3月3日より開始致します。



色々な協会イメージ

  • 日本の協会と呼ばれる公益、一般法人は現在17,000社(※)を越え勢いは増しています。
  • 協会は新しい起業の形や、自己表現の形として今までの協会のあり方とは違う発展をしてきています。
  • しかし残念ながら、全ての協会が望む様に発展しているとは言いがたいのが現状です。
  • 協会の発展は、夢の実現、社会貢献、雇用促進を促し、日本の経済や社会に対して価値を生み出します。
  • 協会の先駆けである日本唐揚協会には新興協会設立運営7年間のノウハウが蓄積されています。
  • 同協会会長が中心となり、そのノウハウ解析を弊社アクシスツールにて行いました。
  • 弊社では新たに協会設立及び運営支援サービス提供を2015年3月3日より開始致します。

※出典 NOPODAS 一般社団・財団法人の現状 goo.gl/nd8dH2

 

日本における協会の背景
  • 公益法人法施行
    • 2008年12月1日より公益法人制度が開始され、今までの社団法人や財団法人は公益法人か一般法人への転換が余儀なくされました。
  • 既存公益法人の決断と分かれ道
    • それまでの公益法人は、新公益法人移行への優遇処置があったものの、新制度に対応できる組織か否かを問われることになりました。公益法人を選択した場合、旧制度よりも厳しい監査となるため、多くの公益法人が一般法人へと組織変更をしていきました。
 

協会組織の転換期
  • 社団法人設立の簡素化(一般社団法人)
    • 公益法人制度の開始と共に、公益法人が厳しい監査を受けること無く、もう少し簡素に団体運営を行うことのできる受け皿としての法人である一般法人というものがつくられました。
    • この一般法人は、団体として法人格を有することとなりますが、新規の設立もそれほど難しくはなく、新たな団体設立と共に法人化することを助長しました。
  • 東日本大震災でのパラダイムシフト
    • 東日本大震災のインパクトは協会組織にも影響を与えました。
    • 新聞、テレビ、多くのメディアで東北の惨状が伝えられ、建物や車や人が津波に押し流されるのを目の当たりにし、目に見える豊かさよりも本当に自分がやりたいコトをする、心の豊かさの大切さへ、多くの人の考え方の転換を助長しました。
    • そのような背景のもと、社会貢献や自己表現として組織や団体を立ち上げる動きが見られる様になりました。
  • 自分がやりたいコトをやる組織
    • 自分に何が出来るかをより深く考え、ソーシャルワークに携わる団体が増えました。
    • もっと単純に、好きなモノのファン団体を法人格にし、訴求力を増す団体も増えました。
    • 様々な組織や団体が一般法人と言う法人格を有し、社会に対しての経済活動や社会活動に従事することがよりカンタンになりました。
 

日本唐揚協会が世に与えた意味
  • ただ好きというだけで立ち上がったファン団体の協会
    • 「唐揚げを通じて世界平和を目指す」団体、一般社団法人日本唐揚協会が2008年に立ち上がり2014年12月現在で45,000名を有する新興協会最大の組織となりました。
    • 大手コンビニチェーン、製粉会社、冷凍食品、スーパ総菜などの唐揚げをプロデュースすることで経済効果を生み出しつつ、からあげグランプリ®などファンの心を掴み続けるイベント運営や、フリー戦略による協会運営を行っています。
  • 日本中を巻き込んだ唐揚げブーム
    • 唐揚げファンが集結することで、より唐揚げの訴求効果を生み出し、唐揚げ専門店という特殊な形態の店舗が、都内でも各駅ある位の広がりを見せ、成り立つ環境を生み出すことに成功しました。
  • 自分でもやりたいコトをやっても良いのか
    • 唐揚げでできるのだから、自分の好きなコトでも成り立つのではないだろうか?世の中に受け入れてもらえるのではないだろうか?と多くの人が考えることができるようになりました。
    • そのことで、日本唐揚協会の実績が多くの協会を生み出すきっかけになっていきました。
 

協会乱立による弊害
  • つくってそれでおしまい
    • 自分のやりたいコトを実現化する。このこと自体はとても尊いものですが、その先のことを考えずただつくることと、つくりさえすればそれがゴールと勘違いされている人が多くいることはとても残念なことです。
    • 本当に夢の実現、社会への貢献をしようとしている人たちに対して、つくったけど失敗するというイメージを強くもたれることは、今後新しい産業、形態としての協会という芽が摘まれてしまう危険性を孕んでいます。
  • 協会の設立や運営方法がそもそも間違い
    • 何の為に協会をつくり、何の為に運営して行くのかを明確にすることが、協会発展のための最初の重要なポイントです。
    • しかし、それすら無くただつくり、よくわからないまま間違った方向性で運営を進めて行くことで、より失敗を大きくし、本来のポテンシャルをいかせないまま、消えて行く協会が後を絶ちません。
    • きちんとした考え方とやり方を分かってさえいれば、協会を発展させることはそう難しいことではありません。
 

協会発展で見える世界
  • 好きなコトをし続ける生き方の選択
    • 自分のやりたいコトを実現化し、多くの人の応援、賛同を得られることで、そこに携わる人々はその専門性を高めて行くことになります。
    • 人々がその専門性を高めることにより、それぞれの地域、分野、領域において、唯一無二の存在になる可能性は大いにあります。
    • 自分の好きなコト、やりたいコトをし続けることで、より専門性を高め、それに見合う報酬を得ることが出来る様になるでしょう。
  • 協会を通じた世界平和
    • 全ての人がそれぞれの協会を通して、自分の好きなコト、やりたいコトをし続け報酬を得られる世界は、少なくとも経済活動、社会活動は活発となり、より良い環境を生み出し続けて行きます。
    • 最終的に全ての人が協会を通じて、自分のやりたいコト、好きなコトをし続けられる世界になった暁には、誰と争う訳でもない平和な世界が訪れる可能性があるのではないでしょうか。
    • 私たちアクシスツールは、そこに少しでも貢献したいと考え、協会設立運営ノウハウのサービス『協会ソリューション』を提供して参ります。
 

サービス概要
  • 協会ソリューションとは
    •  協会、取分け新興協会と言われる近年増えている協会には、大きく分けてバカとガチの2種類の協会が存在します。弊社代表安久提唱する【協会学】では、この協会の構成要素であるコミュニティの中には、バカとガチだけでなく、さらにピラミッド型とフラット型が存在し、またさらに分類されています。そのいくつにも分類された協会の中でも、代表の想いと伝え方によって最適な協会の形が存在します。
    •  協会ソリューションには2種類のサービスを用意しています。新規の協会であれば設立に関する問題や、それをどう乗り越え発展して行くのかという設立支援、既存の協会であれば運営支援として、今後どのような方向で協会の舵を切って行くのか、様々な協会のパターンに合わせて最適な形態、方向をお伝えし、より発展する考え方を一緒に生み出して、ご指導させて頂きます。

協会ソリューション概要


趣旨・目的 協会及び団体の設立・運営支援
定員 設立支援:10社まで/月 運営支援:数社/年
開催日時 未定(追ってホームページにて告知致します)
開催内容 設立支援新規の協会設立の場合、設立支援をさせて頂きます。設立にあたり、我々アクシスツールは支援しか出来ません。あくまで主体は設立したい本人です。しかし、設立にあたり、まず何を知って、どんな考え方をすれば自分が望む団体にして行けるのかを大きく分けて6つの戦略にまとめ、学んで頂きます。
第1講.自分戦略(1) 何がしたいのか ガチなのかバカなのか
第2講.自分戦略(2) 自分の強み、弱みを見直す
第3講.協会方針選択 方向性、MVV作成、ポジション戦略策定
第4講.協会商品戦略 バカ:フリー戦略、ガチ:商品構成
第5講.協会運営戦略 協会運営サイクルの認識と実施
第6講.協会広報戦略 WEB、プレスリリース、PR推進協議会
 

運営支援

既存協会の場合、運営支援をさせて頂きます。こちらもやはり、主体はあくまで協会です。我々はその支援をさせて頂きます。既存の協会体制を鑑みながら、協会戦略策定のお手伝いと、それにまつわる運営上のソリューション提供を致します。
第1講.協会戦略策定(1) 協会ポジショニング
第2講.協会戦略策定(2) 市場構築戦略(地域戦略と分野戦略)
第3講.広報ソリューション PR推進協議会
第4講.WEBコンテンツ戦略 コンセプトとアプローチ
第5講.イベントWEB戦略_ リアル⇔バーチャル循環理路
第6講.スポンサー営業戦略_ 数は力、効果的な見せ方・考え方
会場 設立支援:Studio TAKANAWA Kitchen 東京都港区高輪4-20-19 HIGH BEACH TAKANAWA 1F

アクセスマップ www.studio-kitchen.com/map/

運営支援:

対象協会、もしくは Studio TAKANAWA Kitchen
対象者 自分の夢や好きなコトを組織として動かしたい方、協会、団体の設立を考えている方、もしくは運営をされている方
受講料 30万円(税別)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です